シックスパッドで引き締めたい!二の腕とおしりにはこう使う!

シックスパッドで二の腕は引き締まる?

腕三頭筋を鍛えて二の腕を引き締めよう

部分痩せをしたいけれどなかなか痩せることができない部位と言えば二の腕でしょう。

二の腕の筋肉として代表的なものは、上腕二頭筋と上腕三頭筋です。上腕二頭筋は腕を曲げた時に力こぶができる筋肉であり、上腕三頭筋は上腕の筋肉の中で最も占める割合が大きく腕を伸ばした時に出る筋肉です。

上腕二頭筋はバックや買い物袋など重いものを持つ時や腕立て伏せなどで比較的鍛えたり引き締めたりしやすい筋肉ですが、上腕三頭筋は鍛える際に見落とされがちでなかなか使われない筋肉です。二の腕の裏側のタプタプに垂れた部分も上腕三頭筋です。

上腕三頭筋の引き締め方として、ダンベルやペットボトルを使用したり腕を後ろに伸ばすストレッチをしたりする方法がありますが、こんなきつい運動をしなくてもシックスパッドで楽に痩せてみたいと思いませんか。

 

シックスパッドは二の腕にも効果あり?

シックスパッドは二の腕の引き締めに効果はあるのでしょうか。もちろん答えはイエスです。

シックスパッドには腹筋の引き締め専用のアブズフィットとウエストや腕、脚などの引き締め専用のボディフィットがあります。二の腕の引き締めにはボディフィットの方を使用します。

これを二の腕に貼ってスイッチを押すだけで、きつい運動をしなくても引き締めることができるのです。時間は片腕で23分、両腕で46分。

その間にテレビやスマートフォンを見ながらでも、ソファーに横になっていても運動をしているのと同じように二の腕痩せが期待できます。ただし、睡眠中の使用は禁止ですので、注意してくださいね。

 

どのように貼れば二の腕に効く?

具体的には、シックスパッドをどのように貼れば効果が出るのでしょうか。

まず、貼る場所は、肩と肘からの距離の中間、つまり二の腕の真ん中あたりに貼ります。

次にパッドの位置ですが、鍛えたい部位は二の腕の外側(上腕三頭筋)と内側(上腕二頭筋)ですので、これらを包み込むように貼りましょう。スイッチのボタンは二の腕の前側にあった方が操作がしやすいです。

また、シックスパッドを使用している上から服を着ても良いため、外出先で使用して時間を有効活用するのも良いでしょう。

「シックスパッドをしていたら服がパンパンにならないの?」と気になったあなた、じつはシックスパッドは3mmしか無い薄さなので心配いりません。

 

シックスパッドでおしりは引き締まる?

大殿筋を鍛えてヒップアップしよう

加齢と共に最も衰えやすい筋肉の一つがおしりの筋肉です。

おしりの筋肉は大殿筋と言われる筋肉が大半を占めていて、二つに分かれた形をつくっているのも大殿筋です。

大殿筋が衰えている人は、大体おしり周りに余分な脂肪もついています。逆に、大殿筋を鍛えることによって、余分な脂肪を落としやすい体質になります。

また、大殿筋はウエストに与える影響も大きく、大殿筋を鍛えると基礎代謝も上がり、なんとウエストも細くなるのです。

「ウエストがなかなか痩せない。」というあなたは、大殿筋を鍛えてみるのも手ですよ。

大殿筋の主な鍛え方はスクワットや階段の上り下りなどがあります。しかし、階段の上り下りで息切れをして辛い場合や運動が苦手な場合は結局続かないでしょう。

そこで、二の腕と同様にシックスパッドでおしりも引き締めることができるのでしょうか。

 

おしりにもシックスパッドは使用できるの?

シックスパッドの公式ページでは、気になる部位の部分痩せとして主にウエスト、腕、脚を紹介していますが、もちろんおしりにも使用できます。

おしりにはアブズフィットとボディフィットのどちらを使用するべきか迷うと思いますが、結論から言いますと、どちらでも良いです。使いやすい方で良いでしょう。

ボディフィットを貼ってもちゃんとフィットするため効果的です。逆に、大殿筋は大きいですから、垂れを無くしておしり全体的に引き締めたい場合は腹筋用のアブズフィットを使用しても高い効果が得られます。

 

どのように貼ればヒップアップ出来るのか

おしりへの貼り方ですが、大殿筋は左右に分かれているので左右それぞれ使用します。

アブズフィットを使用する場合は、左右それぞれ、おしりの丸くなっている部位を全体的に覆うような形でシックスパッドを貼ります。後ろではなく横も気になる場合は、ずらして横に貼っても構いません。

ボディフィットを貼る場合も基本的に同じですが、「おしりのやや下の方が気になる」、「横の方が気になる」などがある場合は、それぞれずらして貼っても良いです。

使用するタイミングですが、おしりも二の腕と同様にテレビやスマートフォンを見ながらでも良いですが、座った状態でシックスパッドをおしりで踏んでしまうようであれば、料理などの立ち作業を行っている時の方が使用には良いでしょう。

薄く、ズボンの下で使用できますので、フィットする場合は問題ありません。しかし、どうしても歩いたり動いたりしてもしおしりにシックスパッドがフィットしにくい場合は、サポートベルトを使用して固定してください。

 

部分痩せダイエットにはシックスパッドが効果あり?

部分痩せに効果的な貼り方とは

シックスパッドは、心臓に近い部位や背骨、頭や顔など首から上の部位には使用できませんが、それ以外には使用できます。

二の腕やおしり以外に部分痩せしたい部位として挙げられるのは、主にお腹や太もも、ふくらはぎですよね。

痩せたい部位が一箇所だけの方もいらっしゃれば、複数ある方もいらっしゃいます。

例えば、「お腹と太ももとふくらはぎが痩せたい。」場合、どう貼るのでしょうか。

一つのシックスパッドで一つの部位を使用すれば23分かかるため、お腹、太もも(左右)、ふくらはぎ(左右)の全部使用すれば115分、つまり約2時間もかかってしまいます。

「そんな時間ないよ。」というあなたは、時間短縮のためにボディフィット2台とアブズフィット1台を購入して左右の太ももとお腹を同時に使用し、太ももが終わったら左右のふくらはぎに使用する方法があります。

「私はそこまで買う余裕ないから一箇所ずつ使いたい。」というあなたは、粘り強く使用していただいても構いません。

 

部分痩せと筋トレの関係はあるのか?

部分痩せの効果的な貼り方について説明させていただきましたが、部位ごとの具体的な貼り方について説明します。

 

・お腹:アブズフィットを使用し、おへそのやや上あたりの腹筋に貼りましょう。密着していることが大切なので、外れやすい場合はおしりと同じくサポートベルトで巻きましょう。

・太もも:太ももは内側の筋肉が衰えがちなので、太ももの内側の筋肉を中心にボディフィットを貼りましょう。

・ふくらはぎ:ふくらはぎも同様、内側の筋肉を中心にボディフィットを貼りましょう。部分痩せだけに限らず、むくみ解消にも効果的です。

 

ところで、部分痩せは一般的に全体痩せよりも難しい印象があるかと思います。シックスパッドを使用するとは言え、筋トレをしないよりもした方が効果的なのでしょうか。

答えは、もちろん効果的と言えます。

シックスパッドは普段の筋トレで鍛えにくい筋肉まで刺激してくれるので、普段筋トレをしている方やスポーツをしている方にとっても効果的です。

しかし、筋トレやスポーツをしなくても部分的に痩せたい、きれいな身体になりたいという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

個人差はありますが、シックスパッドはそのような方にとっても、23分トレーニングをしたのと同様の効果が得られる商品なのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です